2011年6月13日月曜日

今年も花盛り「豊科近代美術館」❤

この日は少し曇り気味で、雨が降りそうな雰囲気でしたが、バラ園の入口の手前の、木の下から薄曇りの空を見上げて深呼吸してみました!

若葉を茂らして枝を広げている、何の変哲もない極々普通の木に、気持ちを安らげてもらいました。

自然の大切さを実感していました。






今年も「豊科近代美術館」のバラ園は今まさに見ごろを迎えていて、たくさんの色とりどりのバラがお客さんの目を楽しませてくれています


そして、目だけじゃなくバラの優雅な香りもしていて、バラの自然な香りも楽しめます。






ひときわ目立つバラ園の中に、他の花も咲いています























庭の中の通路を歩き、バラのアーチをくぐり、記念撮影をしている人をたくさん見かけました。



母親が娘とバラを携帯のカメラで撮影している微笑ましい光景や、若者が車いすのおじいさんをおしながら笑顔で会話している光景に、休日の和やかな姿を見ることができました。
















2011年6月10日金曜日

暑さ対策!ECO活動の第一歩!!

6月に入り、全国各地で例年より早い「梅雨」の季節となっています。

あの大震災から明日で3か月、今後も私たちにできることを率先してやっていかなければと思う日々です。


今年の暑さ対策として、緑のカーテン」 

当店では、ゴーヤで建物西側、入口付近を覆おう!!ではないかと、先日従業員により作業しました!
「緑のカーテンゴーヤ隊」隊長(中村道氏)はじめ、一日がかりで設置完了しました。


ゴーヤは遮光、冷却効果も高く、虫もつきにくい、成長して実がなればそれを、当店1階の「田舎厨房あづみ野」で調理して、

緑のカーテンECO定食」なんて感じで出してもイイかなって、妄想をしつつ・・・(≧∀≦)v

とにかく今年初でやってみました!!
少しでもECOになれば、それが第一歩になるかなと私は思います。















暑さもさることながら、安曇野は爽やかな季節真っ最中です!!

2011年6月9日木曜日

★限定生酒★ 『雪中埋蔵』

こんにちは★

本日の安曇野は雨のちくもり。
今朝は少し肌寒い気温の中、

今日も張り切って半袖で通勤してきました!

気合十分!(笑)

さてそんな梅雨の季節を毎年心待ちにしている

アノ商品ファンのあなた、出ましたよ♪

いよいよ白馬錦さんの純米吟醸生酒『雪中埋蔵』の季節がやってまいりました!





この『雪中埋蔵』、名前の通り冬の間

雪中にて熟成した雪国信州の蔵元ならではのお酒。


火入れをしない生の原酒を

雪の中に埋めることで摂氏1度程のほどよい低温に保ち、

ゆっくりと約100日間雪の中で熟成させた純米吟醸酒です。

今年は年明け以降の気温が比較的低く、

掘り出すその瞬間まで雪が十分に残っていたそう。



果実の様な甘い香りとともに味わいも穏やかなのにコクも出る。

まさにいいとこどりの一回は味わってもらいたい生酒。

素人の感想で申し訳ないのですが

熟成って大事なんだな~って改めて感じる商品です★






こちらの商品は地元のファンが多く、

数に限りがございますのでお早めにお買い求めください★

もちろん地方発送も承っております!

 お問い合わせは《安曇野スイス村》  
 ★℡:0263(72)7878  
 ★E-mail: swiss-v@dia.janis.or.jp 



                      ❀obi❀