2009年10月7日水曜日

秋の一大イベント!!(^_^;)



台風が急接近している中、心配されてる農作物の被害からはなんとか のがれられそうな感じに、
稲刈りも順調に進んで、ほぼ終了を迎えています(~_~;)
コンバインが流通する前は稲は手で刈り、田んぼの真ん中に 稲を乾燥させるための、ハゼを作り
一家総出で稲刈りをしていたそうです。

近年、コンバインでの稲刈りがほとんどで、機械での乾燥が主ですが、
ここ数年、自宅で食べる分だけ
天日干しの「はぜかけ」に するという家も増えてきたように思います。

補足ですが・・・地域によっては「はざかけ」ともいうそうです。







早いところは9月中旬から始まり、10月の今頃まで
各田んぼでは収穫をしています。

おじいちゃん、お父さんが稲を刈っている周りで子供達はイナゴやトンボを追いかけて、手伝いというより邪魔しているのかな・・・(-_-;)というお宅もあるみたいで・・・

とにかく、賑やかに秋の行事をやっています(≧∀≦)/”(^o^)丿
そして、そんな微笑ましい光景が田舎のいいところかな

(´ー`)とも感じます
脱穀は稲刈りから1~2週間前後くらいで、新米』が待ち遠しいといったところです

早く稲刈りをした所は、

   もう新米が出来上がっています!!